中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「行う」という表現 2 | 最新へ | 重要・必要・大切という表現 >>

立場をかえてみる

 暗闇に浮かびあがる無数の光で飾られた木に、おもわず足をとめてしまいます。しかし立場をかえると、別のものが見えてきます。

 イルミネーションの木を日中に見ると、枯れ枝が多いことに気がつきます。写真1は、2007年3月1日の夜のようすです。写真2は翌朝のようすです。写真2の下半分では、葉がついていない枯れ枝が目立ちます。

電飾夜  電飾昼
   写真1: イルミネーション         写真2: 枯れた枝

 明かりが灯る木には、倒れないように四方からつっかえ棒がしてあります。電飾のため、木は夜も明るい状態です。木肌をはう電線や豆電球が、表面の温度を微妙に高めている可能性もあります。そのため、しだいに葉が落ち、枝が枯れていきます。このように枯れゆく木が、イルミネーションの感動を与えてくれるのです。

人間
電飾する 電飾される
見る 見られる
夜 きれい 昼 枝枯れ
睡眠する 休眠できず

 イルミネーションの光と影のように、立場をかえることによって、違った何かが見えてくる可能性があります。その何かに新規性や有用性があれば、作文や論文を書きましょう。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ