中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< テン(読点)を打つ練習 2 | 最新へ | 副詞のきまった表現 2 >>

副詞のきまった表現

 副詞のあとに続くことばが決まっている関係を、副詞の呼応といいます。「まさか雨は降らないだろう」では、「まさか」と「だろう」が呼応しています。これから、呼応関係を練習をしてみましょう。

問題
1から10の下線部に対応することばを、語群を参考にして書いてください。


1.防波堤には、決して近づいてはいけ   

2.優勝するとは、まるで夢の    

3.たとえ雨が降っ   、学校に集まる。

4.もし飛行機が満席    、新幹線で行くしかない。

5.遠足は、おそらく延期になる    

6.落し物がどうか見つかって    

7.給食費はとうぜん払う    

8.まさか、先生が知らないわけは      

9.明日は晴れるだろう。なぜなら、夕焼けが見える    

10.歌手だからといって、かならずしも歌がうまいとは      

〔語群〕
ても ほしい べきだ ない からだ ようだ ないだろう ならば かぎらない だろう


 つづく

- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ