中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< January 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 副詞のきまった表現 2 | 最新へ | 教育のまぐまぐ! >>

原稿用紙の使い方

 原稿用紙は文章を書くための用紙です。原稿用紙に書くと、タテとヨコに字がきちんと並び、読みやすくなります。これから原稿用紙に書くときのルールを説明します。

1. 原稿用紙の字数
 原稿用紙は、書ける字数が決まっています。200字または400字の用紙が普通です。400字(20字詰め×20)の例を示します。
  ´↓きキΝЛ┃鵜沖貝刈






















   里に出るクマ
                 森川 豊

   ツキノワグマが里に出没することが多くな
  
たのはなぜだろう。
   クマ出没の原因として、針葉樹の植林、林
  道工事、砂防ダムの造成などより、自然の森
  や川が減少していることがあげられる。
   自然が減少すると、クマは食糧を得にくい

  加えて、木の実の不作周期や台風などによる
  凶作と重なると、クマの生息密度が低下し、
  食糧を求めて生息地域を拡大しようとする。
   里には柿やゴミや畑があり、食糧となるも
  のがある。また、里山や山麓の農地が放置さ
  れて荒廃すると、里の周辺に茂みができ、ク
  マが里の近くで暮らすようになる。その結果

  人里に出る機会が増える。
   不要不急の治山工事の見直し、自然林の再
  生、里山の手入れなどによって、クマが自然
  の中で食糧を採取しやすくなる、と考える。

2. 題名
 例を見てください。「里に出るクマ」が題名です。から書きます。試験などで、題名や氏名の欄が別にある場合は、本文をから書きます。
3. 氏名
 「森川 豊」のように、氏名を書きます。は空白にします。
4. 段落
 段落は文のまとまりです。「 ツキノワグマが里に」や「 クマ出没の原因として、」のように、段落の最初は1字あけ、から書きます。
5. テン・マルのはみだし
 と阿里茲Δ法マル(。)やテン(、)がの次にくるときはに書きません。欄外のに書くか、に含めて書きます。
6. 「っ」のはみだし
 イ里茲Δ法◆屬叩廚の次にくるときは、に書きます。「・」「−」も、に書きます。
7. 字数の数え方
 この例では、本文の字数は 20字×17=340字 です。
規則:
・段落の最初の空白は、1文字と数える。
・改行後の空白は、字数に数える。 例: 空白2つ → 2文字
・原稿用紙のマス目からはみだした句読点は、字数に数えない。
 「作文・小論文の字数」で、字数の数え方を確認できます。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ