中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 説明文の書き出し例 | 最新へ | 北斎の絵を文章で表現する 2 >>

北斎の絵を文章で表現する 1

 葛飾北斎の富岳三十六景を、文章で表してみましょう。対象にする絵は、大波と富士山からなる「神奈川沖浪裏」です。空間順、度合順、時間順に文の例をしめします。

  葛飾北斎「富岳三十六景」  クリックで拡大〔1〕。

1.空間順
 絵のようすを、前後、遠近、左右、上下、回転などでとらえることができます。

〜阿ら後へ
 手前に中くらいの波があり、後ろに大きな波があります。その後に、手前の波に形が似た小さな富士山があります。

近くから遠くへ
 大きな波が近くに迫り、小さな富士山が遠くに見えます。

1Δら左へ
 へ先を左にむけて、三そうの舟が波間を進んでいます。
 絵の右から左に海面が下がっています。中央の奥には富士山があります。絵の左には、巨大な波が触手をのばし、舟に襲いかかるかのようです。

ぞ紊ら下へ
 盛り上がった波が崩れ落ちようとする下に、10数人が舟にすがりついています。
 巻き返す波の先から、丸いしぶきが漂いながら落ちています。

セ計回りに
 左から右へと移る波が反転し、時計回りに大きな波となって崩れ落ちようとしています。

斜めに
 斜線が相反する向きになっています。波の左側の線4本、富士山の左斜面の線、雲が立つ方向が、右肩上がりの斜線/になっています。これに対し、波の右側の線、崩れる波の向き、複数の波のひだ、富士山の右斜面の線が、右肩下がりの斜線\になっています。

Т櫃ら三角
 左から右に海面が下がり、反転する様子が、円状の線で描かれています。一方、大小二つの波と、富士山の形は三角形です。この対照が、絵に変化をもたらしています。


参考文献
1.葛飾北斎: 富嶽三十六景 「神奈川沖浪裏」、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


 つづく

- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ