中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 考えや行動のよりどころ | 最新へ | 桃太郎伝説 2 >>

桃太郎伝説 1

 偶然からの推理で、「不老山の近くに権現山がある」理由を、徐福伝説から考察しました。山梨県にある不老山・権現山から5kmほど南西に、百蔵山(ももくらやま)があります。この山を桃太郎に見たてると、数km以内に、犬と猿と鳥、そして鬼がそろいます。

 桃太郎の家来と鬼を紹介します。百蔵山が犬目・猿橋・鳥沢をしたがえ、向かいにある九鬼山(くきさん)を退治する配置になっています。

     桃太郎伝説

 百蔵山(1003m)の東に扇山(1138m)があり、途中の尾根を犬目丸(861m)といいます。ふもとに犬目という集落と、犬嶋神社があります。この犬はおそらく、天然記念物の甲斐犬でしょう。オオカミのように精悍で、しかも利口なので、鬼退治にふさわしいからです。この周辺で、甲斐犬に似た犬を見かけたことがあります。

 犬目の南をJR中央線が走り、猿橋駅と鳥沢があります。鳥沢は、キジやヤマドリが生息しているのでしょう。山野にいるキジとくらべ、同じ仲間でもニワトリの家来は無理があります。

 桂川にかかる猿橋は、クギを使わない木製の橋で、日本三奇橋の一つです。新潟県の清津峡にかかる鹿飛橋や、桂川にかかる猿橋は、絶壁の峡谷を鹿や猿が渡るかのような名前です。

 猿橋の南には、山頂付近が岩になっている九鬼山(970m)があります。扇を広げたような山ひだをもつ扇山も、桃太郎伝説にふさわしい名前です。


参考文献
安富芳森 調査執筆: 『山と高原地図22 高尾・陣馬』、昭文社

 つづく

- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ