中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 読みやすくする工夫 2 | 最新へ | 対立構造からの作文 >>

連続する漢字

 エレベーターの記事が新聞にのっていました〔1〕。

この日記者会見したオーチス社側も「きちんと検査していれば異常に気付いたはず」と検査不備を認めた。

 最初、「この日記」と読んでしまいました。この文章の前にも検査のことが書かれていたからです。

 「この日、記者会見した・・・」とテンを打つと、誤読を避けることができます。「この日」と「記」はつながりが強いため、「前のことばが後のことば(とくに名詞)とつながって別の意味になる場合、あいだにテンを打つ」という規則によって、「この日、記者会見した」とします〔2〕。

 また、「日記者会見」は漢字が5字続いています。漢字が4字、5字と続く場合は、漢字を少なくすることができないか、考えてみましょう。このような習慣にしていると、「この日、記者会見」を見つけやすくなります。「検査不備」は、「検査の不備」とすると、見やすく、読みやすくなります〔3〕。

この日記者会見したオーチス社側も「きちんと検査していれば異常に気付いたはず」と検査不備を認めた。


参考文献
1.読売新聞 2007年4月27日朝刊
2.テン(読点)を打つ練習 4
3.読みやすくする工夫 1


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ