中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 対立構造からの作文 | 最新へ | ウサギ・カメ・お姫さまの行動 >>

ウサギかカメか

 新入社員の研修で、ちょっと変わった「ウサギとカメ」の話がありました。みなさんは、どう思いますか。

 ウサギとカメが、お姫さまをめぐって争っていました。お姫さまはいいました。
 「この競争に勝ったほうを、私は選びます。山の上で待っているので、先に着いたほうが勝ちです」と。
 競争がはじまりました。遅いカメとくらべ、ウサギはどんどん先に進みます。しかし、足の速いウサギは油断して寝てしまいました。 
 カメは休まずに歩き続けました。すると、ウサギが寝ています。カメはこのまま行けば、勝てると思いました。でも、寝てしまっているウサギをそのままにして勝つことは、気がとがめました。
 「ウサギさん、寝ていていいんですか」
 ウサギは気がつきました。負けてはならないと思ったウサギは、先にお姫さまのもとに着きました。カメは山頂に向かってまだ歩いています。お姫さまは、山頂からウサギとカメのようすを、すべて見ていました。

 さて、お姫さまはどちらを選んだでしょうか。能力があり、要領がいいウサギでしょうか。遅鈍だけれども、着実で立派なふるまいのカメでしょうか。

 女性講師が答えをいいました。カメさんは、正しくりっぱに戦いました。でも、どんなことがあっても、私のことを思って先にきてくれたウサギさんを選びますと。お姫さまは、ウサギを選んだのです。

 このあと女性講師は、この話は男性がつくった話で、「女性をばかにしています」と、ヒステリックにいいました。

 お姫さまの選択といい、講師の発言といい、入社早そう勉強になりました。30年前、女性の社会進出がはじまりかけた頃のできごとです。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ