中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。

<< November 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 例の並べ方 | 最新へ | かぎかっこの使用例 >>

かぎかっこの使い方 2

 かぎかっこは、発言を引用したり、語句を強調することができます。新聞記事から事例を紹介します〔1〕。

1.発言を用いる
 話したことばを「かぎかっこ」でくくり、文中で使うことができます。

 「私? 17歳よ」と言った少女は小柄でやせていた。(書き出しです。大人の文章では、「  」内の終わりにマルはありません)

 「父親はいない」「学校を辞め3年前からここで働いている」。ラジェシワリさんは手を休めずに語る。(発言を取り出して並べています)

 ラジェシワリさんに「将来の夢は」と聞くと、「夢なんかない。仕事を続けるだけ」と乾いた声で言う。(小説などでは、行を変えて会話を書いています。字数は増えませんが、文中に会話を組み込みましょう)

 関係者は「シバカシ村一帯では、子供が約15万人働いている」と証言する。(発言を引用し、言いたいことを補強することができます)

 ジョン・デバラジ氏は、「子供なら、賃金は大人の半分以下」と指摘する。(文献から引用する場合も、「  」でくくります)

2.語句を強める
 文中の語句を「かぎかっこ」でくくり、強調することができます。多用すると読みにくく、あれもこれも強調になってしまいます。

 インドは「児童労働大国」として名高い。(「  」はなくても読めますが、あるほうが目立ちます)

 経済大国に変容をとげつつあるインドの「別の顔」だ。(「  」による強調は、必要な場合に限りましょう。)


参考文献
読売新聞 2007年5月25日朝刊 「児童労働次代にツケ」


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ