中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 感動を伝える文章 | 最新へ | 回文の構造を探る >>

小さな親切から

 6月13日は「小さな親切の日」です。この運動がかかげる目標と、「倫理のことば」が似ていることに気がつきました。これから、一つずつ比べてみましょう。

 新聞によると、「小さな親切」運動の実践目標8か条は 銑┐里箸りです〔1〕。「あいさつをする」「感謝する」「迷惑をかけない」「困っている人を助ける」が柱になっています。
…夕のあいさつをかならずしましょう。
△呂辰りした声で返事をしましょう。
B梢佑らの親切を心からうけ入れ「ありがとう」といいましょう。
た佑ら「ありがとう」といわれたら「どういたしまして」といいましょう。
セ罎ずなどをやたらにすてないようにしましょう。
ε甜屬筌丱垢涼罎任年寄りや赤ちゃんをだいたおかあさんには席をゆずりましょう。
Э佑困っているのを見たら、手伝ってあげましょう。
他人の迷惑になることはやめましょう。

 8か条を、「倫理のことば」と比較してみましょう。
 銑ぁヽ催なし。
イ任るだけ愚行をするな。できるだけ他人に迷惑をかけるな。
Δ任るだけ困っている人を助けよ。できるだけ他人の幸福に配慮せよ。
Г任るだけ困っている人を助けよ。
┐任るだけ他人に迷惑をかけるな。できるだけ愚行をするな。

 「倫理のことば」には、あいさつに関係する´△函感謝に関係するい箸もれています。そこで、「できるだけあいさつをせよ」と「できるだけ感謝せよ」を追加することにします。

 倫理のことば
自分に対する義務 他人に対する義務 未来の世代に
対する義務



自分に危害を加えるな
規則を守れ
他人に危害を加えるな
偽りの約束・契約をするな
社会的不平等を是正せよ
生命・自由・財産を侵すな
幸福の総和を最大にせよ
種・環境・資源を
未来に継承せよ



愚行をするな
自己の向上に努めよ
あいさつをせよ
感謝せよ

他人に迷惑をかけるな
困っている人を助けよ
他人の幸福に配慮せよ
社会に貢献せよ
 弱い命令:できるだけ〜するな、できるだけ〜せよ
                            (2007年6月11日改定)

参考文献
1.読売新聞 2007年6月3日朝刊 「はま風 8点満点目指す水無月」
2.倫理のことば


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ