中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 縞模様 | 最新へ | 作文の質問1 >>

証明方法

 ブログ「中学から数学だいすき!」で証明の特集を組みました。中学3年生から、「証明問題が全く分からないので、勉強するコツがあれば教えて下さい」というメールがあったからです。

 証明する方法には、推論と推理があります。推論は厳密な証明、推理は「かもしれない」という推測です。推論には、移項の法則(三段論法)、個別化の原理、消去法、背理法などがあります。推理には仮説実証法や類推があります。

 数学の証明は推論が中心で、国語の証明(論証)は推理が中心です。数式や図形で推論する数学と比べ、文科系の論文や小論文などの論証は厳密とはいえない傾向があります。このため、文科系の論文では、異論・反論の可能性が高く、第三者による査読(検査読み)が難しいのが実情です。

 推論・推理の証明法は論理学の分野です。日本では、論理学の一部ともみなせる数学で推論を教えています。国語でも証明(論証)が必要ですが、一部の大学を除き論理学の授業はほとんど行われていません。しかし論理学といっても、コンピュータに関連したブール代数やAND/OR回路が中心のようです。

 作文が書けても、論文が書けないと論文試験などに支障をきたします。「中学からの作文・論文」では、「推論と推理の形式」で、証明法を説明しています。これは国語による証明法なので、数学による証明法になおして説明することにしました。興味のある方は、「中学から数学だいすき!」をご覧ください。初回は「証明の原理」です。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ