中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 作文の質問3 | 最新へ | 絵本を読んで1 >>

作文の質問4

 漢字が書けないときにどうするか、回答を示します。

書けない漢字はどうするの?
 文は、「漢字・ひらがな」がくり返します。名詞は漢字で書くのが基本です。漢字がわからないときは、つぎの方法を試してください。

 名詞と動詞からなる動詞は、動詞で表してみましょう。動詞の漢字が書けないときは、ひらがなにします。
  例: 調査する → 調べる → しらべる
    ×ちょうさする (ひらがなが続き読みにくい)
    ×調さする (「ちょうさ」とすぐ読めない)

 動詞と動詞、形容詞語幹と動詞からなる動詞は、片方の動詞をひらがなで書けます。
  例: 見落とす → 見おとす
      近付く → 近づく
      繰り返す → くり返す

 動植物名はカタカナで書けます。
  例: 鷲・鳩・雀 → ワシ・ハト・スズメ
      乗馬をする → 馬に乗る → ウマにのる
      ×じょうばをする ×うまにのる

 副詞・接続詞はひらがなで書けます。
  例: 特に → とくに
      従って → したがって

 形容詞・形容動詞が書けないときは、名詞と動詞で表すか、それが難しければ、ひらがなにします。
  例: 麗しいサブリナ → うるわしいサブリナ
      非常に高い山 → 三千メートルをこす山
              (→ ひじょうに高い山)
      静かな湖畔 → 物音一つしない湖畔 (→ しずかな湖畔)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ