中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 作文の質問5 | 最新へ | 心を使った表現 >>

作文の質問6

 句読点のはみだしと、話ことばの表記について、質問と答えを示します。

原稿用紙で、句読点を行の最初に書かないのはなぜ?
 このきまりの理由として、用紙の節約、読みやすさ、印刷のしかた、をあげることができます。句点(マル 。)や読点(テン 、)が行の最初にくるときは、前行のマス外に書きます。

   ´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝
 ×  梅雨が明けると、ようやく暑い夏が始まる
   


 〇  梅雨が明けると、ようやく暑い夏が始まる


1.用紙の節約
 もし、行の先頭が段落末尾のマルの場合、その行は空白行に近くなってしまいます。前行のマス外にマルを書くと、1行が有効に使えます。
2.読みやすさ
 テンやマルが行の先頭にあるより、行の終わりにあるほうが読みやすいですね。
3.印刷のしかた
 原稿を印刷する方法は、原稿用紙の書き方と同じです。行の終わりにテンやマルを入れ込むような印刷をします。

かぎかっこでくくった「話ことば」を次の行に書くのはなぜ?
 次の行に書く方法と、そのまま続けて書く方法があります。次の行に書くと、会話や話ことばの臨場感がでるからでしょう。

  帰宅するなり息子は言った。
  「ただいま。お腹すいちゃった」
  「おかえり。いますぐご飯の用意をするからね」
  母は夕食のしたくを始めた。


 行をかえないで書くこともできます。新聞で例を確かめてみましょう。かぎかっこで話ことばをくくり、続けて書いています。

  息子は帰宅するなり、「ただいま。お腹す
 いちゃった」と言った。母は「おかえり。い
 ますぐご飯の用意をするからね」と、夕食の
 したくを始めた。



- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ