中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 花を使った表現 | 最新へ | プロジェクトの名言 >>

説明と記述

 中学2年の数学で、「説明しなさい」という問題があります。たとえば、「連続する3つの整数の和は3の倍数であることを説明しなさい」という問題です。説明するとは、何をすることでしょうか。

 自然数の和の問題を例に、説明の意味を考えてみましょう。

 連続する3つの整数の真ん中をNとすると、3つの数は、N−1、N、N+1です。すると3つの数の和は、(N−1)+N+(N+1)=3N となります。Nは整数なので、3Nは3の倍数です。つまり、連続する3つの整数の和は3の倍数です。

 この説明は、「連続する3つの自然数の和は3の倍数である」ことは正しい、という理由を示しています。説明とは、その理由を示して述べること、つまり証明することです。中学3年の数学では、「説明しなさい」が「証明しなさい」に言い換えられています。

 数学にかぎらず、何かを説明することがあります。たとえば「高嶺の花」は、高い山頂に咲く美しい花なので、遠くから見るだけで憧れても手が届かないもの、という意味です。余談ですが、筆者は南アルプスの頂で、タカネビランジという高嶺の花を見たことがあります。砂礫に一株だけあり、数輪の花が咲いていました。

 説明はその理由を述べることで、記述は事物をありのままに述べることです。花の例でいうと説明は、「『高嶺の花』は、高い山頂に咲く美しい花なので、遠くから見るだけで憧れても手が届かないもの、という意味です」の部分です。

 記述は、説明文にある「『高嶺の花』は、高い山頂に咲く」の部分ですまた、「南アルプスの山頂で、タカネビランジという高嶺の花を見たことがあります。砂礫に一株だけあり、数輪の花が咲いていました」の部分も記述です。しかし「美しい花」は、認識する基準が示されていないので、事実とはいえず記述ではありません。

 説明するには、記述をもとに「何何である」の理由を述べます。記述するには、事実を述べます。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ