中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 論証・説明の観点 | 最新へ | グラフの読解2 >>

グラフの読解1

 PISAの読解力は、文章の理解だけはありません。図表や地図・グラフの読解も含んでいます。文字と図形を情報と考えると、情報の意味を理解し、解釈し、結論を導く作業は同じです。

PISA: 国際学習到達度調査。OECD(経済協力開発機構)が15歳児を対象に実施しています。日本は、PISAの読解力が低いことがわかりました。PISAの読解力を向上させるため、学習指導要領が改定される方針になっています〔1〕。

 そこで問題です。二つのグラフは、受動喫煙に関する調査結果です〔2〕。グラフの解釈と結論を文章にまとめてください。

1.方法
 埼玉県熊谷市の小学4年生1048人を対象に、子供の尿に含まれるニコチン濃度と、両親の喫煙習慣を、医師が調べました。ニコチンは、受動喫煙によって体の中に入ります。

2.結果
 上の図は、子供の生活習慣病(肥満・血圧が高い)の有無と、子供のニコチン値を表しています。
 下の図は、母親だけが吸う、父親だけが吸う、両親ともに吸わない場合と、子供のニコチン値を表しています。

 受動喫煙の影響


参考文献
1.読売新聞 2007年9月26日朝刊 「テストを生かす2 読解力向上へ独自教材」
2.同紙 2007年10月9日夕刊 2面 の文章をもとに、作図しています。

 つづく


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ