中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 作文・論文のプロセス解説 | 最新へ | 要素還元で文章題を解く >>

熟語を使った文章4

 つぎの三つの記事は、社会の出来事について書かれています〔1〕。1は、会談が公開されなかったことが背景にあります。2は、6か国協議での合意事項の先行きです。3は、調査チームの初会合に欠席した釈明です。

1. 党首会談を有意義なものにするには、周囲の協力も欠かせない。______を招かぬように党内や他党に会談の経緯や内容を丁寧に説明し、会談の合意を着実に実現できる体制を作る努力も必要だろう。

2. 年内完了を目指し、詰めの協議を行う。しかし、いずれも未解決な難問が残っており、合意実現にはさらに______がありそうだ。

3. 「私は肝炎対策を巡って______しており、緊急の会談や折衝もある。調査を無視したり軽視したのではない」と説明した。

 下線部にあてはまる言葉を語群から選んでください。

〔語群〕
 呉越同舟
 紆余曲折
 疑心暗鬼
 神出鬼没
 君子豹変
 東奔西走
 取捨選択


答え










答え
1. 疑心暗鬼 (疑い始めると、何でもないことまでも疑わしくなること)
2. 紆余曲折 (順調に進まず、曲がりくねった経過をたどること)
3. 東奔西走 (あちこちを走りまわること)

 呉越同舟 (仲がよくない者どうしが、同じ場所にいっしょにいること。また、敵どうしが共通の利害や目的に対して力を合わせること)
 神出鬼没 (鬼神のように、急に現われたり隠れたりすること)
 君子豹変 (行動や態度が急に変わること)
 取捨選択 (いるものを選び、いらないものを捨てること)


参考文献
1.読売新聞 2007年10月31日朝刊 3面 7面 38面


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする






中学からの作文・論文 プロセス
関連学習 コメント メルマガ