中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 熟語を使った文章4 | 最新へ | 比較する >>

要素還元で文章題を解く

 文章問題を解く方法を説明します。問題文が長い場合、飾りの情報が含まれていることがあります。そこで、
 1)必要な情報を取り出し、
 2)取り出した情報を組み立て、
 3)組み立てた情報から問題を解いてみましょう。

 つぎの文章は算数の問題です。Bの到着時刻が問われています。
1)問いに対し、下線部が必要な情報です。
 必要・不要は、問いとの関係で決まります。サイクリング、自転車、朝寝坊はなくてもよい飾りです。

問題文:
 AさんとBさんはサイクリングに出かけることになりました。AさんとBさんの家の中間地点に、7時30分に集合する予定です。
 7時に家を出たAさんは時速16kmで自転車を走らせ、予定通り7時30分に待ち合わせ場所に着きました。でもBさんは来ていません。
 Bさんは朝寝坊をして、7時20分に家を出ました。時速24kmで待ち合わせ場所に向かっています
 Bさんが集合場所に着くのは何時何分ですか

2)下線部の情報を組み立てると、1、2行の情報になります。
A(7:00、16km/h)→ (A 7:30着) (B?着) ←B(7:20、24km/h)
                     中間地点

3)組み立てた情報から、問題を解いてみましょう。
 Aさんの情報から、中間地点までの距離は、
16×30÷60=8(km) です。
 Bさんは、8kmを時速24kmで進むので、かかる時間は、
(8÷24)×60=20(分) ですね。
 Bさんは7時20分に家を出たので、到着時刻は7時40分 です。

 この文章題は算数ですが、ほかの科目でも同じです。ここでは要素還元という考え方を使いました。複雑なもの(文章)を分解し、基本となる情報を抽出し、組み立てます。これによって、一見複雑な問題を単純化して解くことができます。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ