中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 熟語を使った文章9 | 最新へ | 長い文を分ける4 >>

熟語を使った文章10

 新聞に頻出する言葉です。つぎの記事に共通する四字熟語は何でしょうか。

1. (ブラジルにわたった松尾さんは) 16歳で現地の小学校に入り直し、コーヒー園などを手伝いながら学び、必死に働いてきた。「日系人は1世の苦労を知っている。皆______生活し、子供を教育してきた」。

2. テ口新法の成立に向けて、野党に協力を呼びかけたが、成果は上がらなかった。 (略) 与党幹部は「______、(テ口新法の)法案審議を野党にお願いしているということが、国民に伝われば良い」と語った。

3. 心のありようを変えるのは薬でも医者でもなく、あなた自身、医療はその手助けをするだけです。まずご自分が持っているものに目を向け、どんなにささいなことでも今自分ができることを______する。私は弱者だからといってレッテルをはらない。そんな人に未来は開けるものです。


答え












参考文献
1.読売新聞 2007年11月23日朝刊 「『結論 もう出た』 与党 接点見だせず」
2.同11月24日朝刊 「『美徳どこへ』嘆く日系人」
3.同12月2日朝刊 人生案内 「兄が結婚 家追い出され嫉妬」
 (表記の一部を変更しています)





答え

 一生懸命


- | 中学からの作文・論文 ホーム | - | - | permalink
中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ