中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ことわざを使った文章11 | 最新へ | PISAの問題を解く力 >>

熟語を使った文章13

 つぎの文章には、三字熟語・四字熟語などが使われています。下線部にあてはまる言葉を語群から選んでください。1は経済、2は野球選手の体験、3と4は数学者の体験です。

1. 消費が手控えられれば、企業は生産を抑え、業績が悪化する。経営者は一段と弱気になって設備投資も停滞し、やがて雇用にも悪影響が及ぶ。そんな______に陥ることは、避けなければならない。

2. 本日の「一瞬に生きる」というテーマは僕(ソフトバンクホークス主砲・小久保裕紀)の______です。5年前にメンタルトレーニングの一環として、栃木県に「内観」という修行に行きました。1日に15時間、1週間にわたって座り続けるんです。
 その場所でその言葉を知ったのですが、今生きていることの瞬間に______をかけて取り組んでいれば、悔いは残らないという意味です。

3. 冬のミシガンで研究に打ち込んでいるうち、変調をきたしたのです。 (略) アパートと研究室を往復するだけの生活。これにホームシックが加わり、私を弱らせていた。もっと大きな成果を出さないと、というプレッシャーもあったし、研究環境の優れたアメリカで研究を続けるために助教授ポストにいくつか応募していて、その結果も気になり、精神的に______していたのですね。

4. コロラドは楽しかった。理由はわかりませんが、(アメリカの女性に)突然もてるようになりましたから。英語が上達したから______がうまくいくようになった、というわけではありません。  

〔語群〕
 疲労困憊
 座右の銘
 悪循環
 意思疎通
 全身全霊


答え










答え
1. 悪循環 (悪いことが相互に影響しながら、さらに悪い状態になっていくこと)
2. 座右の銘 (いつも心にとめておき、戒めとすることば)
   全身全霊 (体力と精神力のすべて)
3. 疲労困憊 (ひろうこんぱい: ひじょうに疲れはてること)
4. 意思疎通 (思いや考えが相手に通じること。相互理解)


参考文献
〔1〕読売新聞 2007年12月17日朝刊 社説 「景気悪化でどうなる実態経済」
〔2〕同朝刊  「スランプ脱出 本がコーチ」
〔3〕〔4〕同朝刊 時代の証言者 「フロリダの太陽に救われ」
(表記の一部を変更しています)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする






中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ