中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ことわざを使った文章12 | 最新へ | 論文の論証と説得 >>

熟語を使った文章14

 つぎの文章には、三字熟語または四字熟語が使われています。下線部にあてはまる言葉を語群から選んでください。

1. 「もったいない」という世界的にも認められた美しい言葉をもちながら、何という有様でしょうか。そのものを大切にする精神が賞味期限の改竄をもたらしたかのような言い訳も聞こえてきますが、______です。売れ残るなら作らなければいいし、仕入れなければいい。

2. (米大統領選では)他候補からの「ハッカビー氏封じ」の攻勢も激しさを増してきた。______は、ロムニー氏。ロムニー氏は、序盤のニューハンプシャー州で独走態勢だった。

3. 親のすねをかじって生きてきた私は、結婚した時に「親孝行しよう」と決心した。しかし、まもなく授かった子供が重度の障がいを持って生まれたので、それどころではなくなってしまった。不安と戸惑いを抱きながら、______で育ててきた。そんな息子も今年の春、6歳になる。

4. 日米同盟の強化とは、緊密に政策調整しつつ、日本の国益を確保する主体的外交である。米国の要求に______と応じる対米追従外交ではない。

5. 日中が目指すのは、単なる「友好」ではなく、「互恵」の関係だ。 両国が、経済、エネルギー、環境などの分野でどれだけ実質的な成果を上げられるのか。今春の国家主席の初来日が______となる。  

〔語群〕
 急先鋒
 試金石
 本末転倒
 無我夢中
 唯々諾々


答え










答え
1. 本末転倒 (大事なことと、そうでないことを取り違えること)
2. 急先鋒 (勢いよく先頭に立って行動や主張する人)
3. 無我夢中 (心を奪われて我を忘れること)
4. 唯々諾々(いいだくだく: 相手のいいなりになる様子)
5. 試金石 (人の力量や物の真価を判定するための物事)


参考文献
〔1〕読売新聞 2007年12月28日朝刊 「辰巳琢郎の 食育の食卓」
〔2〕同紙 31日朝刊  「米大統領選 指名レース 本命誤算」
〔3〕同紙 2008年1月5日朝刊 気流「障がい持つ子成長 親孝行もしたい」
〔4〕〔5〕同紙 7日 社説「新たな秩序へ」
(表記の一部を変更しています)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする






中学からの作文・論文 プロセス
関連学習 コメント メルマガ