中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 理由を述べて説得1 | 最新へ | ことわざを使った文章16 >>

説得理由の種類

 説得の理由には欲得・規範・情感によるものがあります。前回の「スーパーやデパートで、子供に走り回らないように伝える」例をもとに、三つの説得理由を考えてみましょう。

 欲得理由は相手の欲や利害・損得にもとづくものです。規範理由は判断・行動の手本をよりどころにするものです。情感理由は相手の感情に訴えるものです。いずれも、「命令。なぜならば、理由」の「理由」にあたります。「命令」は同意を得るための表現で、「したほうがよい」「しようね」「しよう」などの総称です。

例1: 欲得説得
 つぎの例は、あぶないことを避けようとする気持ち(回避欲)に訴えています。「言うことを聞いてくれたら、お菓子を買ってあげるから」という理由ならば、「食欲」にもとづきます。

 店の中を走り回るのはやめようね。(個別命令)
  あぶないから。(理由)
   ぶつかると、けがをするかもしれないよ。
   お年寄りにぶつかると、大けがをさせるかもしれないよ。
  あぶないことはやめよう。(普遍命令)

例2: 規範説得
 ルールを示し、ルールにしたがうように伝えています。

 店の中を走り回るのはやめようね。(個別命令)
  店の中では、走ってはいけないルールになっているよ。(理由)
  お店の中でみんなが走ったら、いけないね(理由)。
  ルールを守ろう。(普遍命令)

例3: 情感説得
 母親をしたう子供の気持ちに訴えようとしています。「母親を悲しませるな」は、多くの人にあてはまる命令といえましょう。

 店の中を走り回るのはやめようね。(個別命令)
  お母さんのお願い聞いてね。
  お母さんを悲しませないで。(普遍命令)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ