中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 熟語を使った文章20 | 最新へ | 規範による説得2 >>

規範による説得

 「人間は社会的動物である」といわれます。社会の一員として行動するには、行動の基準や指針になる規範(手本、型、決まり)が必要です。規範には、規約・慣習・慣例、法則・経験則・ことわざがあります。

 欲得のほうが社会の規範に優先することがあります。この場合は、規範による説得は難しくなります。たとえば、「廊下を走ってはいけない」というルールがあり、事情はともかくとして廊下を走る場合、走りたいという欲求が規範に勝っています。

 規範のうち、規約や慣習・慣例について説明します。

1.規約・慣習・慣例
 規約は規則として定めた約束で、法律・校則・社内規定・事務手続き・操作手順・公理・計算規則などがあります。
 規約の例として道路交通法第65条(酒気帯び運転等のきん止)には、「何人も酒気を帯びて車両等を運転してはならない」と書かれています。

 「あなたは運転してはならない」という結論(個別命令)を理由づけしてみましょう。たとえば、「あなたは酒を飲んだ」という事実と、「何人も酒気帯び運転をしてはならない」という規約(普遍命令)を掲げることができます。

  あなたは運転してはならない。(結論)
  あなたは酒を飲んだ。(事実)
  何人も酒気帯び運転をしてはならない。(規約)

 慣習・慣例は規約にはなっていないが、従ったほうがよい社会のならわしやマナーです。電車を例にとっててみましょう。「困っている人を助けよ」「他人に迷惑をかけるな」という普遍命令は、「お年寄りに席を譲ろう」「混雑時に座席に荷物を置かないようにしよう」といった個別命令の規範理由になり得ます。

  お年寄りに席を譲ろう。(結論)
  足元がおぼつかない老人が立っている。(事実)
  困っている人を助けよう。(規範)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ