中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 名言を評価する作文 | 最新へ | 規範の検証 >>

名言を評価する作文2

問題
 「自分がしてもらいたくないことは、人にしてはいけない」の内容について、あなたの体験や考えなどを書きなさい。

解答例
 「自分がしてほしくないことは、人にしないようにしよう」という説得の命令について、賛成・反対または、適切・不適切の判断を述べることができます。

 作文の条件は、2段落構成、20字詰×9行以内です。体験から考えを導く方法と、考えを体験例で裏づける方法があります。ここでは、考えを例証する構成で作文例を示します。

〇神の場合
 論語は、多くの人が受け入れる普遍性がある言葉です。「自分もそのように考える」と、体験をもとに述べることができます。

作文例
´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝
  待たせること
 「自分がしてもらいたくないことは、人に
してはいけない」という考えに賛成である。
自分が嫌でも、他人はそうでないかもしれな
い。しかし、それは分からないことである。
 友だちと待ち合わせをして学校に通ってい
た。私は、数分遅れることがあったが、友だ
ちはいつも先に来て待っていた。ある日、友
だちが忘れ物をして遅れて来た。そのとき、
待たせることはいけないと思った。

反対の場合
 名言の類は、すべての場合に適さない場合があるものです。例外を見つけると、反論できます。

作文例
´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝
  服装検査
 「自分がしてもらいたくないことは、人に
してはいけない」という考えに必ずしも賛成
できない。自分が嫌なことは、他人もそうで
あることが多い。しかし、自分が嫌なことで
も他人にしなければいけない場合もある。
 学校の服装検査は、生徒を信用していない
ようで疑問を感じていた。しかし生活委員の
立場上、規則どおりに同級生の服装を調べな
ければならなかった。

E切・不適切の判断
 行動規範についての妥当性を、社会を構成する人の観点で評価し、その結果を体験を交えて述べることができます。

作文例
´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝
  悪口
 論語の言葉「自分がしてもらいたくないこ
とは、人にしてはいけない」は、適切だろう
か。もし、自分が嫌なことを他人にする社会
だったらどうだろう。
 私のいた学級は、他人の悪口を言い合って
いた。学級内は不信に満ち、思いやりに欠け、
健全とはいえなかった。逆に、他人の長所を
認め、ほめ合う学級は活気にあふれるであろ
う。したがって
論語の言葉は適切といえる。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ