中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 規範の検証 | 最新へ | 熟語を使った文章22 >>

ことわざを使った文章20

 つぎの文章は、学習指導要領に関するものです。文中に、ことわざ・慣用句などが使われています。下線部にあてはまる言葉は語群のどれでしょうか。

1. 「これからの学力は知識の量ではなく、自ら考える力だ」という今の学習指導要領の理念に、共感する教師は多い。OECDの国際学習到達度調査(PISA)で、正答率が低かった問題も、従来の詰め込み教育では______できない。

2. 指導要領を公表した際、大きく取り上げられたのが「学習内容の3割削減」。その後、3割という数字だけが______を始め、「公教育不信の______になった」との苦い教訓がある。

3. 注目を集めた「総合学習」は、指導要領で「環境」「情報」「国際理解」といったテーマを例示した後は、「教科の枠を超えて自由に学習させる」などの説明だけで、(教育)現場の______に任せた。

4. 国は共通教材の「英語ノート」を作成する方針だが、授業の進め方は現場の裁量に任され、早くも「総合学習の______になる」と懸念する声があがっている。

〔語群〕
 引き金
 二の舞
 太刀打ち
 独り歩き
 創意工夫

答え












答え

1. 太刀打ち (はりあって競争すること)
2. 独り歩き (本来の目的と離れて動いていくこと)
   引き金 (原因、きっかけ)
3. 創意工夫 (新しい考えや方法を見出すこと)
4. 二の舞 (前の人と同じ失敗をくり返すこと)


参考文献
読売新聞 2008年2月16朝刊 「足りぬ教員、小学英語は… 新・学習指導要領案」
(表記の一部を変更しています)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ