中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 色紙の言葉から作文2 | 最新へ | ことわざを使った文章21 >>

情感による説得

 心に訴えかけ、わき起こる感情を情感といいます。情感による説得には、怒り・恐れ・喜び・悲しみなどを理由にする方法と、情報を操作する方法があります。情報操作の例には、何度も繰り返す、誇張する、特殊な例を示す、不正確な事実を根拠にするなどがあります。

 これから、喜怒哀楽による理由づけについて説明します。感情に訴える理由を、つぎのような普遍命令で表すことができます。
   喜ばしてあげよう。
   怒らせるな。
   悲しませるな。
   心配をかけるな。
   恐れるな。
   安心させてあげよう。
   楽しもう。

 これらの命令を使った説得の構成例を示します。例1は、家にたてこもる人に対し投降を促す説得です。親が心配している様子を伝えようとしています。例2は、産卵間近い魚を釣った人に対し放流することを促す説得です。魚がたくさん増えて楽しくなる様子を伝えようとしています。
 例1:家にたてこもる人への説得
    投降しなさい。
     年老いた母親がここに来ている。
     お母さんは悲しんでいる。
     親に心配をかけるな。

 例2:釣り人への説得
    釣った魚を逃がしてあげよう。
     その鱒は抱卵している。
     1匹の鱒は500粒の卵をもつ。
     この川には魚がほとんどいない。
     鱒がたくさん泳ぐ川で楽しもう。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ