中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ことわざを使った文章23 | 最新へ | 入学祝のお礼 >>

熟語を使った文章25

 つぎの文章には四字熟語が使われています。下線部にあてはまる言葉を語群から選んでください。

1. バスを降りたお年寄りに歩道とバスの間を走ってきた自転車がぶつかった。 (略)
 バスが停車していれば乗客が降りるのは当然で、そこを自転車ですり抜けようとすること自体が______だ。

2. (クリントン陣営がオバマ氏との「夢のコンビ」をちらつかせていることに対し)オバマ氏は「______だ。私は副大統領ではなく大統領になるために戦っている」と可能性を全面否定している。

3. 拘束廃止や個別介護をうたう介護保険ができて、認知症ケアは大きく変わった。その意味で、6割のホームがケアの体制は整っているとしたことは評価できる。
 しかし、その質となると______で課題は多い。

4. (サブプライム問題で米銀行のシティグループが)発表した損失額は昨年11月時点に予想した額の約2倍。「予想とかけ離れた数字で、損失がどこまで拡大するのか分からなくなった」(米金融関係者)という______も広がった。

〔語群〕
 千差万別
 疑心暗鬼
 言語道断
 時期尚早

答え










答え
1. 言語道断 (とんでもないこと)
2. 時期尚早 (行うには早すぎること)
3. 千差万別 (それぞれ異なること)
4. 疑心暗鬼 (疑い始めると、何でもないことまでも疑わしくなること)


参考文献
〔1〕読売新聞 2008年3月5日朝刊 気流「バスと歩道の間走る無謀自転車」
〔2〕同紙 3月10日朝刊 「クリントン&オバマで正副大統領」
〔3〕同紙 2月17日朝刊 「『認知症に対応』6割」
〔4〕同紙 1月17日朝刊 「サブプライム ショック」
(表記の一部を変更しています)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする






中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ