中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 熟語を使った文章25 | 最新へ | 説得に役立つことわざ >>

入学祝のお礼

 手紙・電話・メールなど、お礼の手段はいろいろです。入学祝のお礼は、手紙にすべきだ、手紙でなくても電話でもよいという意見があります。これは、「心を伝えることが大切」という新聞への投書で述べられています。一方、メールではなく電話でお礼をいうべきだ、という投書もあります〔1〕。

「メールに頼らず きちんと言葉で」の要旨
親類の子どもが中学に合格した。
両親と私(会社員の女性46歳)は、書留でお祝いを送った。
子どもの母親から携帯電話にメールが送られてきた。内容は、「受け取りました。ご両親にもよろしくお伝え下さい」だった。
「メールで済ませていいのか」と思った。
「電話できちんと礼を言うべきではないか」と返信した。
父親と子どもから電話があり、お礼の言葉を聞いた。
携帯電話やパソコンで、素早くメールで連絡できるようになった。
「親しき仲にも礼儀あり」だ。
贈り物をもらったり、世話になったりしたら、相手に電話をかけ、丁重に感謝の気持ちを伝えることが大切だ。

「心を伝えることが大切」では、お礼の手段は、母親が手紙で娘は電話です。「メールに頼らず きちんと言葉で」では、贈り主はメールではなく電話でのお礼を求めています。

 二つの投書から、年配の女性が考えるお礼の手段は、手紙、電話、メールの順になりそうです。一方、高校生に入学した娘は電話派で、中学に入学した子どもの母親は携帯宛のメールです。みなさんがお礼をするとしたら、どのような手段にしますか。

 「お礼は電話で」といった贈り主の意向はわからないことです。しかし伝える媒体は何であれ、つぎのようにお礼を述べることができます。

 お礼: 先日は入学祝いをいただき、ありがとうございます。
 使途: いただいた品は大切に使います。(〜を購入しました)
 抱負: 一生懸命勉強します。
 願い: これからもご指導ください。


参考文献
〔1〕読売新聞 2008年3月25日朝刊 気流「メールに頼らず きちんと言葉で」


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ