中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 携帯メールによるお礼 | 最新へ | 石碑の言葉2 >>

石碑の言葉

 何を書くかを選び、選んだ理由を作文してみましょう。どのように考え、どのように組み立てるかが要点です。

問題
 中学校の卒業記念として、校内に石碑を建てることになり、そこに刻む言葉として「努力」、「友情」「希望」の三つの言葉のうち、一つを選ぶことになりました。選び方は、卒業する生徒から、自分がよいと考える言葉について、意見文を提出してもらい、先生と代表生徒からなる選考会で決めるという方法です。石碑に刻まれた言葉は、今後長く後輩たちが見ることになります。
 あなたがこの学校を卒業する生徒なら、どの言葉を選んで意見文を提出しますか。三つの言葉のうち、一つを選んで、あなたの意見を、その言葉がよいと考える理由がよくわかるように、体験や具体例を示しながら、次の〔注意〕に従って、250字程度で書きなさい。
〔注意〕
1.段落や構成に注意して150字(6行)以上書くこと。(25字詰×11行)
2.原稿用紙の正しい使い方に従って書くこと。ただし、部分的な書き直しや書き加えなどをするときは、必ずしも「ますめ」にとらわれなくてもよい。
3.題名や氏名は書かないで、本文から書き始めること。また、本文の中にも氏名や出身校を書かないこと。  (香川県高校)

 参考までに、作文の考え方と構成例を示します。
考え方
 問題解決や言葉の関係から内容を考えることができます。
・石碑を建てる目的は何でしょうか。その手段として刻む言葉があります。
・三案の関係や比較を作文にすることができます。
・他の言葉と比較せずに、選んだ言葉が「よいと考える」理由を作文にすることもできそうです。

構成例
 問いを立て、問いに答えることで作文を書くことができます。
  どの言葉を選んだか? 答えの文
  なぜその言葉がよいのか? 答えの文
  たとえば? 答えの文

 つづく


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ