中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 学力テスト賛成・反対の作文 | 最新へ | ことわざを使った文章28 >>

学力テスト賛成・反対の作文2

 「全然明るい」という言い方に賛成か反対か、作文を書いてみましょう。はじめに、問題の概要を示します。

問題 (概要)
 中西さんは「全然明るい」という使い方を辞典と資料で調べ、レポートを書きました。レポートを読んだ南さんと原さんは、次のように話しています。
 南 私は、「全然明るい」という言い方をしてもいいと思う。
 原 私は、「全然明るい」という言い方はしないほうがいいと思う。 
 あなたは南さん、原さんのどちらの考えに賛成しますか。どちらか一人を選び、解答用紙の__に書きなさい。その上で、そのように考える理由を書きなさい。

考え方
 このレポートは、次のような調査研究型の構成になっています。南または原さんの言葉を使ってレポートの結論を示し、結論を論証する問題です。

構成例
問い: 「全然明るい」という使い方をしてもよいか。
答え: よいといえる。(結論)
理由: なぜならば、
(1)方法: 国語辞典と、図書館の資料で調べた。
(2)結果: ー典に、くだけた言い方で肯定的な意味で強調する使い方が載っている。▲▲鵐院璽鳩覯未砲茲襪函■隠安紊硲横安紊裡騎箘幣紊言ったことが「ある」と答えている。50代以上は、「ある」が1割以下になっている。
(3)解釈: ー典に載っているので、認められた使い方である。年代が低くなるほど、使う人が増えている。
(4)結論: 言葉の使い方は時とともに変わる。「全然明るい」という使い方は辞典にあり、若い世代から定着しつつある。

 構成例をもとに、作文例を示します(70字以上、100字以内)。なお、原さんの意見(「全然明るい」という言い方はしないほうがいい)は無理があります。なぜなら、2冊の国語辞典の記述に反するからです。

作文例






´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝
 私は、さんの考えに賛成します。なぜな
ら、「全然明るい」のような肯定的な使い方
が国語辞典2冊に載っているからです。また、
10代と20代の5割以上が「ある」と答え、
若い世代から定着しつつあるからです。


参考文献
読売新聞 2008年4月23日朝刊 「全国学力テスト 中学国語B」
(表記の一部を変更しています)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ