中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 文中の漢字13 | 最新へ | 熟語を使った作文1 >>

熟語を使った文章35

 つぎの文章には四字熟語が使われています。下線部にあてはまる言葉を語群から選んでください。

1. 国内3社と水着提供の契約を結んでいる日本水泳連盟も、日本選手に北京五輪での(スピード社製の水着)着用を認めた。 (略) 苦杯を喫した国内3社も、技術者の誇りにかけて______を期すだろう。

2. (フクロモモンガの)子は特に寒さに弱く、夏でもクーラーが利き過ぎれば凍死の恐れがあるほど。また、______ひとりにしておくと淋しさのあまり衰弱することも……。着衣の胸ポケットで育てれば保温とスキンシップの______

3. 今のところ、(ヒラリー)クリントン氏は、「(民主党の大統領候補選で)最後まで戦う。必要なら党大会に持ち込む」と______だ。

4. (放送倫理の問題で、)ある局が名指しされたケースでも、他局が______としなければ、放送倫理検証委員会は「モグラたたき」の繰り返しを強いられるだろう。

〔語群〕
 一石二鳥
 他山の石
 四六時中
 捲土重来
 意気軒昂

答え










答え
1. 捲土重来 (けんどちょうらい: 巻き返し)
2. 四六時中 (一日中、いつも)
   一石二鳥 (一つのことをして二つのことを得ること)
3. 意気軒昂 (元気いっぱいな様子)
4. 他山の石 (自分に役立つ他人の言動)

参考文献
〔1〕読売新聞 2008年6月11日朝刊 「編集手帳」
〔2〕同紙 5月8日夕刊 「フクロモモンガのひみつ」
〔3〕同紙 4月11日朝刊 「狭まる『ヒラリー包囲網』」
〔4〕同紙 5月21日朝刊 「放送倫理検証委 1年」
(表記の一部を変更しています)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする






中学からの作文・論文 プロセス
関連学習 コメント メルマガ