中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 熟語を使った作文1 | 最新へ | ことわざを使った文章34 >>

熟語を使った作文2

 以心伝心による伝達に賛成ですか、反対ですか。作文例を示します。字数は160字〜200字です。

 「以心伝心」や「阿吽(あうん)の呼吸」による意思の疎通ができれば、それに越したことはありません。信頼関係にもとづき、気心が通じていれば、以心伝心が可能かもしれません。しかし、実際には難しいといえましょう。自分の考えがあいまいならば、相手の考えも同様の可能性があるからです。

 賛成と反対の作文例を示します。賛成の例は、明言をさけて相手に気づいてもらっています。反対の例は、以心伝心による失敗の原因を分析しています。

作文例 (賛成)











´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝
 「はい」「いいえ」を明言しないほうがよ
い場合がある。日本人の年配者から、依頼を
受けてほしいという連絡があった。せっかく
だが、事情があり断ることにした。しかし、
「できません」と言うことは、相手の立場を
傷つけかねない。そこで、依頼を受けたい気
持ちを伝えた上で、受けることが難しい事情
を丁寧に説明した。年配者は、「無理をしな
いほうがいい」と言って、できないことを納
得した。年配者と、よい関係が続いている。

作文例 (反対)











´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝
 仕事の依頼は以心伝心ではいけない、と考
える。私の失敗経験には原因があった。
 仕事を頼む人と頼まれる人との間で、認識
の違いが生じやすい。頼む人はよい結果を期
待し、頼まれる人は限られた時間や手間で仕
事をすませようとする。その結果、頼んだ人
の期待に反し、できばえに不満が残る。一方、
頼まれた人も、仕事が評価されないことに不
満が残る。したがって、仕事の内容を文書に
し、互いに確認しながら進めるほうがよい。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ