中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「〜が、」を置き換える | 最新へ | ことわざを使った文章37 >>

熟語を使った文章38

 つぎの文章には、四字熟語が使われています。下線部にあてはまる言葉を語群から選んでください。

1. フクロモモンガのメスのおなかにはちっちゃな袋があり、さすがカンガルーの仲間と分かります。表情もモモンガより豊かで、______の表し方は猫に、手先が器用なところは小型の猿に似ているなぁと感じます。

2. イメージキャラクター「ガチャピン&ムック」が、今年、誕生35周年を迎えた。2人は35年たった今も5歳児だ。このうち、ガチャピンは、陸・海・空を______に動き回り、驚異の身体能力でさまざまなスポーツに挑戦してきた。

3. 卵で生まれる鳥や魚は卵の中のたんぱく質から栄養を得る「______」機能を持っているが、栄養分の少ない哺乳類の受精卵が同様の機能を働かせ、受精から着床までに必要な栄養を(自らの体を分解して)得ていることは知られていなかった。

4. 生物多様性条約は、温暖化防止を目的とした気候変動枠組み条約と共に採択された「双子の条約」の一つ。生物多様性という言葉は、恐竜絶滅を含む過去5回の大量絶滅を上回る速度で進む現在の大量絶滅を食い止めるためのキーワードだ。
 しかし、世界の重要課題になった温暖化問題に比べると、飲料水や食糧、新薬、娯楽といった______の恵みをもたらしてきた生物多様性の劣化については軽視されている。

〔語群〕
 縦横無尽
 有形無形
 喜怒哀楽
 自給自足

答え










答え
1. 喜怒哀楽 (喜び・怒り・悲しみ・楽しみなど、人間のいろいろな感情)
2. 縦横無尽 (思うぞんぶん)
3. 自給自足 (必要なものを自分で生産すること)
4. 有形無形 (形のあるものと形のないもの)


参考文献
〔1〕読売新聞 2008年4月3日夕刊 「フクロモモンガのひみつ」
〔2〕同紙 2008年4月22日夕刊 「多彩なスポーツ挑戦35年」
〔3〕同紙 2008年7月4日朝刊 「」受精卵 栄養を―」
〔4〕同紙 2008年5月31日朝刊 「絶滅防ぐ活動 予算不足深刻」
(表記の一部を変更しています)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする






中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ