中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 配置を決める | 最新へ | 作文・論文とは >>

文章にする

 作文・論文のプロセス >

 原稿用紙の使い方

書き出し
 二つの書き出し
 文章への橋渡し
 作文の書き出し例
 作文の書き出し例2
 説明文の書き出し例
 書き出しの工夫
 書き出しの字下げ

 文章の書き出し
 文章の書き出し その2
 文章の書き出し その3
 文章の書き出し その4

文末
 文末を変えてみよう
 文末の変化
 読書感想文の文末
 体験学習
 文末の時制と臨場感
 文末から時空をこえて
 文末での時制の基準

分かりやすさ
 日本人にもやさしい表現
 語順をそろえて書く
 長い文を分ける
 長い文を分ける2
 長い文を分ける3
 長い文を分ける4
 長い文を分ける5
 長い文を分ける6

ですます・である
 敬体と常体
 敬体と常体2
 「です・ます」調と「である」調
 「です・ます」調と「である」調2

形容詞+です
 「形容詞+です」を直す1
 「形容詞+です」を直す2
 「形容詞+です」を直す3
 「多い+です」を直す1
 「多い+です」を直す2
 「〜が形容詞です」を直す

読点の打ち方
 掲示文の句読点
 主語の後にテンを打つ?
 修飾語の並び
 読点で意味を明確にする
 テンを打ち誤解を避ける
 文章のテンと音声
 ことばの引力
 ことばの引力2
 ことばの引力3
 ことばの引力4

 並べて書くときのテンの打ち方
 テン(読点)を打つ規則
 テン(読点)を打つ規則2

 修飾語の長短とテン(読点)
 修飾語の長短とテン(読点)2

 テンと語順
 並立の範囲
 接続語とテン
 テンを打つ実験
 テン(読点)を打つ練習
 テン(読点)を打つ練習 2
 テン(読点)を打つ練習 3
 テン(読点)を打つ練習 4

漢字の使い方
 漢字が多い文章
 連続する漢字
 読みやすくする工夫 1
 読みやすくする工夫 2

表記
 副詞・接続詞の書きかた
 漢字の副詞
 動植物名の表記
 数字の横書きと縦書き

かぎかっこ・かっこ
 かぎかっこ内の句点
 かぎかっこの使い方
 かぎかっこの使い方 2
 かぎかっこの使用例
 
 かっこの使い方
 かっこの使い方 その2

引用・要約
 事実を伝える表現
 引用と要約

形容
 形容する文章
 情景が伝わる文章
 比喩「ように」の作りかた
 比喩を使った文章

副詞の呼応
 似たような副詞の呼応
 副詞のきまった表現
 副詞のきまった表現 2
 呼応する言葉

こ・そ・あ・ど
 指示代名詞を含む文章

字句
 否定表現・肯定表現
 なくてもよい「と思う」
 なくてもよい「が」
 「〜が、」を置き換える
 なくもいい「も」
 重要・必要・大切という表現
 「の」の重複を避ける
 「の」の重複を避ける2
 「行う」という表現
 「行う」という表現2
 「前者」「後者」という表現

 名詞に適した動詞を調べる

僕・私・私たち
 「僕」から「私」へ
 作文の「僕」と「私」
 論文の「私」「私たち」

敬語
 敬語の使い方と問題
 敬語を使おう
 敬意を込めた表現

文・表・図
 文章の視覚化
 文と図
 文と表と図
 文と表と図 その2

作文の字
 習字と作文の字
 字の練習
 漢字についての意識
 漢字についての意識 2

見直し
 分かりやすい文
 表現の見直し
 字数不足への対処
 レビューという考え方
 執筆エラーの予防

誤解を防ぐ表現
 誤解を防ぐ表現
 誤解を防ぐ表現2
 誤解を防ぐ表現3
 誤解を防ぐ表現4
 誤解を防ぐ表現5
 誤解を防ぐ表現6
 誤解を防ぐ表現7
 誤解を防ぐ表現8
 誤解を防ぐ表現9
 誤解を防ぐ表現10
 誤解を防ぐ表現11
 誤解を防ぐ表現12

 手紙の言葉
 議事録を書く

- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ