中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ことわざを使った文章44 | 最新へ | 古文の言葉3 >>

文中の漢字25

 漢字の読み書きをしてみましょう。

1. 漢字の読み方を書いてください。
(1) 周りの景色に感興を覚えて絵筆をった。
(2) 社会の安寧がこれからも続くことを切に願う。
(3) 各人の思惑がからんで話し合いが少しも進展しない。
(4) 省内の相次ぐ不祥事で大臣が更迭されることになった。
(5) 私たちは目立つ言動を控えて隠忍自重することに決めた。

2. カタカナを漢字に直してください。
(1) 雨ならいて出かけなくてもよい。
(2) 緊急に打開策をコウじる必要に迫られる。
(3) 西高校でかけがえのないチキを得ることができた。
(4) その案件は校長のサイリョウに任せることになった。
(5) 芥川龍之介はハクランキョウキの作家として知られる。
(都立西高)


答え












答え
1.
(1) と(った)
(2) あんねい (平穏無事)
(3) おもわく (考え、意図)
(4) こうてつ (役職の人を入れ替えること)
(5) いんにんじちょう (がまんして軽率な行動をしないこと)

2.
(1) 強(いて) (あえて、無理に)
(2) 講(じる) (対策を考え実施する)
(3) 知己 (親友、知人)
(4) 裁量 (その人の考えで判断し行うこと)
(5) 博覧強記 (広く本を読んでよく覚えていること)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ