中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 情景が伝わる文章 | 最新へ | 悩みの因果関係 >>

「一つめ、二つめ」の構成

 つぎの文章を読んで構成を確かめてみましょう。

 私の悩みは二つあります。まず一つめは、友人がいないことです。これまで、友人をつくろうと、サークルに入ったり、習い事の教室に通ったりもしてきたのですが、結局うまくいきませんでした。
 二つめは、プライドが高いこと。会社の同期の人たちに、友人がいないことを知られたくありません。そのために、「休日は、友達と出かけた」などと、うそをついてしまうのです。後で自己嫌悪を感じてしまいます。
(読売新聞 2008年9月12日朝刊 「人生案内」から一部を抜粋)

 「二つあります。一つめは…。二つめは・・・」の構成は、数字によって関連づけられています。

  私の悩みは二つあります
   一つめは、友人がいないことです。
    これまで、友人をつくろうと、サークルに入ったり、
    習い事の教室に通ったりもしてきたのですが、
    結局うまくいきませんでした。
   二つめは、プライドが高いこと。
    会社の同期の人たちに、友人がいないことを知ら
    れたくありません。
    そのために、「休日は、友達と出かけた」などと、
    うそをついてしまうのです。
    後で自己嫌悪を感じてしまいます。

 「二つあります」方式は、書きやすく、興味をそそる反面、二つが何かをすぐ知ることはできません。一方、内容を先に示す構成もあります。

  私の悩みは、友人がなく、プライドが高いことです
   友人はできませんでした
    これまで、友人をつくろうと、サークルに入ったり、
    習い事の教室に通ったりもしてきたのですが、
    結局うまくいきませんでした。
   プライドが高い私は、うそをついてしまいます
    会社の同期の人たちに、友人がいないことを知ら
    れたくありません。
    そのために、「休日は、友達と出かけた」などと、
    うそをついてしまうのです。
    後で自己嫌悪を感じてしまいます。

 私の悩みは友人がなく、プライドが高いことです。
 友人はできませんでした。これまで、友人をつくろうと、サークルに入ったり、習い事の教室に通ったりもしてきたのですが、結局うまくいきませんでした。
 プライドが高い私は、うそをついてしまいます。会社の同期の人たちに、友人がいないことを知られたくありません。そのために、「休日は、友達と出かけた」などと、うそをついてしまうのです。後で自己嫌悪を感じてしまいます。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ