中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ことわざを使った文章51 | 最新へ | 回文を作ろう1 >>

古文の言葉9

 「奥の細道」を読んで、問いに答えてみましょう。

 その夜、飯塚に泊まる。温泉(いでゆ)あれば、湯に入りて宿を借(か)るに、土座に筵(むしろ)を敷きて、あやしき貧家なり。灯もなければ、いろりの火かげに寝床をまうけて臥(ふ)す。夜に入りて雷鳴り、雨しきりに降りて、伏せる上より漏(も)り、蚤(のみ)・蚊にせせられて眠られず。持病さへおこりて、消え入るばかりになん。短か夜の空もやうやう明くれば、また旅立ちぬ。

 土座 … 土間(どま)。
( 松尾芭蕉 「奥の細道」 飯塚の一夜 )

下線の言葉の意味を書いてみましょう。
(1) あやしき
(2) 火かげ
(3) せせられて
(4) 消え入る
(5) やうやう

答え












答え
1.
(1) 粗末な (あやしい: 賤あやしい)
(2) 火の光 (影・陰: 光)
(3) 刺されて (せせる: 刺す)
(4) 息が絶える
(5) ようやく (やうやう【ヨウヨウ】)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ