中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ことわざを使った文章55 | 最新へ | 古文の言葉12 >>

文章の視覚化

 書かれている内容を図で表し、見えるようにしてみましょう。

 未知の事柄に出会うと、まず、驚きの感情が引き起こされ、知的好奇心がかきたてられる。次に、その答えを知るために、実際に実験して確かめてみたり、本で調べたり、考えてみたりという探求活動が、他人に強制されなくても展開されるのである。こうして獲得された知識は、生きた知識としていろいろな場面で活用できる。さらに、この生きた知識は、新たな知的好奇心を引き起こす原動力となり、再び未知の事柄へと向わせるのである。
(稲垣佳世子・波多野誼余夫『人はいかに学ぶか』 福岡県高 より)

問題
 下図は、本文の内容を表しています。四角枠内に入る語句を文中から抜き出してください。

  学ぶ流れ1

答 え










答 え
 驚きの感情

 図は、キーワードを時間の順序関係でつないだものです。動作表現にすると、さらに分りやすくなります。

  学ぶ流れ2


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ