中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「倫理のことば」の見直し2 | 最新へ | ことわざを使った文章60 >>

熟語を使った文章61

 つぎの文章には四字熟語が使われています。下線部にあてはまる言葉は語群のどれでしょうか。

1. これまで、何事も______で取り組んだことはありません。でも、やる時は「絶対にできる」と思ってやるんです。実際にやる段になって「もし失敗したらどうしよう」と想像したら失敗してしまいます。

2. アメリカに留学した時、車中心の生活で運動不足になり太った。日本に戻ってから______、食事療法を中心にした生活習慣(表)を身につけ、10キロの減量に成功した。
 表:ひざ痛を防ぐ生活習慣
   ・間食をしない(間食の習慣をつけない)
   ・______を心がける
   ・食事は先に野菜から食べる
   ・毎日体重計に乗る
   ・適度な運動を毎日心がける

3. ブライアン・フェイガン著『千年前の人類を襲った大温暖化 文明を崩壊させた気候大変動』(河出書房)によると深刻なのは干ばつだ。最終章の「現代乾燥地図」からは昨今の中国の被害や豪州の山火事が______だ。
 
〔語群〕
 心機一転
 一目瞭然
 自信満々
 腹八分目

答 え










答え

1. 自信満々 (自信に満ちあふれているようす)
2. 心機一転 (あるきっかけで、気持ちがすっかり変わること)
   腹八分目 (食べる量を八割ほどにすること)
3. 一目瞭然 (一目見ただけで明らかに分かること)


参考文献
〔1〕読売新聞 2009年2月15日朝刊 「芸人・タレント 木村祐一さん 『できる』と信じ お笑いの道へ」
〔2〕同紙 20日朝刊 「太れば太るほど負担に」
〔3〕同紙 15日朝刊 「本 よみうり堂」
(表記の一部を変更しています)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする






中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ