中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 文中の漢字42 | 最新へ | ポケモンのことわざ2 >>

古文の言葉18

 次の古文を読んで、問いに答えてみましょう。

 仁和寺(にんなじ)にある法師、年寄るまで、(注)石清水を拝まざりければ、(注)心憂(う)く覚えて、ある時思ひ立ちて、ただひとり、徒歩(かち)より詣(まう)でけり。(注)極楽寺・高良(かうら)などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。
 さて、(注)かたへの人にあひて、「年ごろ思ひつること、果し侍(はべ)りぬ。聞きしにも過ぎて、尊くこそおはしけれ。そも、参りたる人ごとに山へ登りしは、何事かありけむゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意(ほい)なれと思ひて、山までは見ず」とぞ言ひける。
 少しのことにも、(注)先達(せんだち)(注)あらまほしき事なり

岩清水八幡宮 (出典:フリー百科事典「ウィキペディア」)

石清水(八幡宮) … 京都府八幡市 男山山上(120m)にある神社〔写真〕。
心憂(う)く覚えて … 残念に思って。
極楽寺・高良 … 男山のふもとにある寺と神社。
かたへの人… 仲間の僧。
先達 … 案内人、指導者。
あらまほしき事なり … ほしいものである。 
(吉田兼好 「徒然草」 より)

 仁和寺の僧が、岩清水八幡宮を参拝したと勘違いする話です。

問題 下線の言葉の意味を書いてみましょう。
(1) かばかりと心得て
(2) 年ごろ思ひつること
(3) そも
(4) ありけむ
(5) ゆかしかりしかど

答 え












答 え
(1) これだけだと理解して(思って)
(2) 長年思っていたこと
(3) それにしても
(4) あったのだろうか
(5) 知りたかったけれど (ゆかし: 見たい・知りたい・聞きたい)
   「行きたかったけれど」の解釈もあり。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ