中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 古文の言葉28 | 最新へ | 熟語を使った文章74 >>

ジレンマによる評論

 次のコラムは、ジレンマ(両刀論法)を使って書かれています。

 日本郵政の社長人事を巡って鳩山邦夫前総務相を更迭したことが痛手となり、内閣支持率が急落した。
 国民の共有財産を二束三文で叩き売ろうとした不祥事に、きちんと筋を通すのは為政者の「良心」である。筋を通せば、しかし、党内が騒ぎ出す。 (略)
 鳩山氏に見方して西川善文社長の経営責任を厳しく問えば、党内の猖秬弦澆蹐鍬瓩紡を引っ張られる。鳩山氏を切れば切ったで、世論に足を引っ張られる。どちらに転んでも敗者は私――としても、「良心」に殉ずるほうがまだしも救いがあった。
(読売新聞 2009年6月17日 「編集手帳」 表記を一部変更)

問題 このコラムは、 銑のどのジレンマで書かれているでしょうか。(→: ならば)
  複舛B)で(A→C)で(B→C) → C  
◆ 複舛B)で(A→C1)で(B→C2) → (C1かC2)
 (A→B)で(A→C)で(BでないかCでない) → Aでない

答 え












答 え

 一般に、,侶措阿よく使われます。典型的なジレンマで、分かりやすいからでしょう。

 鳩山氏に見方すると、足を引っ張られる。
 鳩山氏を切ると、世論に足を引っ張られる。
 どちらにしても、足を引っ張られる。


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ