中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< セイヨウミツバチの減少 | 最新へ | ことわざを使った文章76 >>

熟語を使った文章77

 つぎの文章には、何かに取り組むようすを表す四字熟語が使われています。下線部にあてはまる言葉は語群のどれでしょうか。

1.  小学3年生の娘が総合学習の時間で大根作りをするというので先生役として参加した。学校の畑に畝を作り、種をまき、間引きから草取りまで、子供たちと______しながら取り組んだ。

2.  シドニー五輪の銀メダリスト(中村真衣さん)は今、全国を回ってスイミングスクールの小学生らに泳ぎを教えている。 (略) 
 「メダル目指して______でした」 (略)
 「子どもたちに少しでも五輪を身近に感じて、夢を持ってもらいたい。スポーツを通して、目標達成の喜びを知ってほしい」と思いを込めた。

3.  我が家では、米寿を迎えた妻を私が介護しながら家事をすることになり、毎日______している。

4.  末の息子が中学に入学して子育ても一息ついたので、4月からは(三味線の)先生から指導を受けています。最初はバチがうまく弦に当たらず______しました。三味線とはこんなにも難しいものかと思いました。
 
〔語群〕
 孤軍奮闘
 四苦八苦
 無我夢中
 悪戦苦闘

答 え










答 え
1. 悪戦苦闘 (苦しんで戦ったり努力すること)
2. 無我夢中 (何かに心を奪われ、我を忘れること)
3. 孤軍奮闘 (一人で懸命に努力すること)
4. 四苦八苦 (ひじょうに苦労すること)


参考文献
〔1〕読売新聞 2009年4月1日朝刊 気流「小学校で『先生役』 うれしい大根作り」
〔2〕同紙 2008年10月11日夕刊 「目標達成の喜び知って」
〔3〕同紙 2008年8月5日朝刊 「『甘えばあちゃん』になった妻」
〔4〕同紙 2008年7月27日朝刊 気流「笑顔で三味線を」
(表記の一部を変更しています)


- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする






中学からの作文・論文 プロセス
関連学習 コメント メルマガ