中学からの作文・論文

作文・論文を書くための本質化・論理構成・文章表現。
(基礎知識: ことわざ・慣用句、三字・四字熟語、古文、漢字)
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 古文の言葉33 | 最新へ | 熟語を使った文章79 >>

体験をもとに作文

 個人の体験、賛成反対、調査研究、問題解決などによって自分の考えを書くことができます。ここでは、体験をもとに作文してみましょう。

問題 「言葉のあたたかさ」について、あなたが感じたことや考えたことを、160〜200字で書いてください。
(宮城県高)
(ヒント)
 次のような段落の組み立てで、作文を書くことができます。
1. ・・・のとき、言葉をあたたかいと感じる。
2. わたしは、・・・のような体験をした。
3. 2の体験から言えること。
4. 1を言いかえる。

答 え










答 え
(考え方)
 同じ言葉でも、あたたかいと感じたり、つめたいと感じることがあります。相手の言葉をどのよう感じるかは、相手と自分の関係によります。
 作文例は、1.言いたいこと、2.体験、3.一般化(広く言えるようにすること)、4.言いたいこと、から構成されています。

作文例
 ´↓きキΝЛ┃悪鵜沖貝


  言葉のあたたかさは、相手との信頼関係に
 よる。 
  クラブ部活動の先輩に「それしかできない
 のか」と言われたことがある。先輩は見下し
 ているのではなく、はげましていると感じた。
  同じ言葉でも、相手を尊敬でき、期待を感
 じ、親身になってくれるような場合に、あた
 たかさを感じることが多い。
  つながりのあたたかさが、言葉のあたたか
 さを生むと考える。













- | 中学からの作文・論文 ホーム | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする









中学からの作文・論文 プロセス
関連学習  コメント  メルマガ